mycarloankarikae

低金利のマイカーローンに借り換えしよう

マイカーローンの種類は非常に多く、常に新しい商品が誕生しています。

契約当初は低金利でお得だと思っていたローンが、数年後には高金利になるというケースはよくあります。現在のマイカーローンを遅延することなくコツコツ返済していれば、一定の信用力が生まれています。

信用を得る方法は、返済を続けること以外にはないのです。遅延なく返済を続けていた方なら、低金利のマイカーローンに借り換えするときも楽です。高額のローンほど、1%の差が非常に重たいのです。借入額が3万円と300万円では、同金利なら利息の差は100倍となります。

借入残高が残り20万円~30万円くらいならば、借り換えする必要性はそれほどありませんが、100万円以上残っているようなら検討してみましょう。借入前にシミュレーションをしておき、借り換えることでどのくらい支払いが減るのか確認しておきます。

借り換えの手間・時間を相殺するだけのメリットを得られるなら、融資を希望する金融機関に対して相談をしてみましょう。遅延がないことをアピールして、今よりも利息を減らしたい旨を説明すれば、融資してくれることは多いです。

遅延があると審査に通過できない可能性がありますが、念のために業者に相談しておくといいでしょう。

借り換えする前にマイカーローンの金利比較を

借り換えした直後に、さらに低金利のマイカーローンが見つかった、などという状況は避けたいものです。

十分にローンの金利比較をしてリサーチすることで、借り換え後に後悔しなくてすみます。そのためには、銀行、信用金庫信販会社など、金融機関を問わずに少しでも多くのマイカーローンを比較することです。

低金利であるほど借りるのが難しいのは定説ですが、低金利でも比較的審査に通過しやすいローンはあります。ローンというのは審査で苦労しても、融資を受けてしまえば勝ちなのです。完済まで低金利が適用され、月々の負担は軽くなります。今までと同額の返済を続けるなら、返済期間が圧縮されて利息が減ります。

どちらにせよ金銭的なメリットがあるため、低金利のマイカーローンを見つけたら借り換えを検討しましょう。金利比較をするときは、金利の幅もチェックしたいものです。

例えば2.5%~3.5%のローンよりも、3.0%一律ローンのほうが低金利で借りられる可能性が高いわけです。申し込みをする前に、何%の年率で借入できるのか金融機関に聞いておくのもよいです。他社も検討していることを伝えれば、融通を利かせてくれることもあるでしょう。

借り換えをして無理のない返済計画を

マイカーローンの借り換えを検討する方の多くは、今よりも利息を減らしたいと考えています。

ローンの利息を減らすことは、家計においても最大の節約となります。ローン金利を上回る利益を得られる金融商品はほとんどないでしょう。もし存在したとしても、ハイリスク・ハイリターンの商品でギャンブル性の高いものです。マイカーローンの乗り換えを考える方は、今の返済計画を楽にすることが目的であるケースも多いです。

例えば、月5万円万円ずつ返済をしており、その返済額だと厳しいという方は多いでしょう。そのような場合は、新しいマイカーローンに乗り換えることで、月に3万円返済が可能になるかもしれません。理想的なのは、契約中の金融機関に対して月の負担が大きいので返済額を減らしたいと相談し、それが認められることです。

しかし、月の返済額の減額には応じてくれないケースも多いため、その場合は他のマイカーローンに借り換えする必要性があります。

金利交渉においても同様であり、契約中の金融機関に対して金利を引き下げてほしいと話しても、応じてくれないことが多いです。金利を下げると利益が減るので、金融機関としては好ましくないのです。

このようなケースにおいても、他のマイカーローンに乗り換える必要性があるでしょう。

マイカーローンの審査を有利にする秘訣

マイカーローンの借り換えを検討する方は、審査を有利にする方法についても知っておくべきです。

具体的な方法としては、借り換えに特化したローンを利用することです。負担軽減が目的のマイカーローンならば、融資してくれる可能性が高いです。現在まで延滞がない方は、その旨をアピールしておきましょう。

また、今後の返済計画について金融機関に話しておき、無理なく完済できることをアピールします。消費者金融のキャッシングなどの借入もある場合は、完済して解約をしておくのが好ましいです。複数社から借入をしている場合は、極力借入先を1社に絞りたいものです。

マイカーローンの融資においては、キャッシングやカードローンからの借入はそれほど影響しないと言われていますが、影響がゼロではありません。

ローンの借入額・件数は少ないほど審査でプラス評価となります。ある程度の貯金を確保している方なら、貯金を頭金に回して新規契約のマイカーローンの希望額を減らしましょう。

借り換えローンにも共通することですが、希望額は少ないほど審査通過率は高くなります。審査に落ちやすい方は、属性に問題があるのではなく、高額な希望額を設定しているのが原因かもしれません。